銀行カードローンのCMをよく目にしていて、安心だという印象の方もいると思います。

個人として現金を貸してもらうのは、サラ金・クレジットカードのキャッシング機能、そして銀行カードローンの3つのやり方があります。

実はもともと、個人を範囲適応にカードローンを行っていませんでした。
個人に現金をカードローンしていた機関としてはサラリーマン金融と闇金などの違法で行っているところの一般的2箇所でした。
サラ金と呼ばれると良くないイメージがありますが、これは合法的なところと闇金が通常の人にははっきりとした認識があまりできてなかったため、サラ金=取立て=恐れる、となっているようです。今のカードローンを申し込みして数万~数十万円をカードローンするというのが悪いイメージなのはそのころの名残もあるかもしれません。

 
だが、1980年代のバブル崩壊以降、大変たくさんのサラリーマン金融などがドミノ倒しに潰れていきました。企業が減少していくにあたり景気も悪くなり、数万~数十万円をカードローンしにくくなってきているでしょう。それに関連して銀行の利益が大幅に減少していきました。このままでは生き残れなくなるということで、合法的に活動していた消費者金融を銀行のグループの傘下に収めていきサービスを拡大していきました。
現在大手のサラリーマン金融はほぼ、総量規制のルールも味方となって、銀行のグループとして誕生していています。銀行の利益の中で大変重要な部所として確立しています。
では、現状カードローンをする際に、銀行のカードローンのメリットとは何かをまとめていきます。

 

銀行カードローンの1番のポイントは、総量規制の適応外である。総量規制とは年収の1/3以上を契約することができないという法律のことです。消費者金融は総量規制対象で銀行系は適応外になるでしょう。この規制がかかっていると多額の借り入れを希望しているケースは銀行カードローンが有利になります。

2番目のポイントとしては、消費者金融と見比べると年利が消費者金融にくらべると低めである傾向があることでしょう。

 

3番目のポイントとしては、サラリーマン金融と比較するとと審査が通りにくく、カードローンの金額が低めです。比較するとと銀行の方が手続きが入念に、消費者金融の契約が通りやすいパターンにあります。
宣伝をやっている大手の消費者金融でしたら現在8割ぐらいが、ちゃんとした銀行のグループなので恐れることなくカードローンすることができます。
単純に利息を低くしたく、個人情報に自信があれば銀行のカードローンが便利になります。

 
ただ、一般的には契約がとおりやすく、まとまった現金をカードローンが行えるサラ金に分が存在すると認識されます。今のでは消費者金融でも、例えばプロミスでは「カードローン」という総量規制クリアのサービスもありますのでまとまった金額が必要な方でも安心でしょう。
利用者にあった商品を調査し、支払い計画を建てて、しっかりと借りたお金を振り込んでいく。
これが最も大切でしょう。

楽天銀行スーパーローンの審査のコツだけでなく口コミ・評判や金利、審査時間、融資スピードなどのメリット・デメリット解説しています。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ